またまた、記憶に残っている症例です。
 
 
①妊娠中&出産後の腰痛
 
このところ、妊娠中や出産後の腰痛の方が多くいらっしゃいます。
 
妊娠中は特に薬を飲んだり、電気などの物理療法が出来ない為、痛みをあきらめてしまっている方も多いようですね。
 
出産後も、母乳で育児をする方は薬は使えませんし…。
 
だから当院では、手技(手での治療)で骨盤を整える事で、腰痛を治していきます。
 
1回の治療で良くなる方も大勢いますよ!(本当はしばらく通ってもらいたいのですが
 
 
妊娠、出産は思っている以上に、体に大きな負担がかかります。
 
だからこそ、無理や我慢をしないで当院にいらして下さいな。
 
とても崇高で、素晴らしいことを成し遂げようと頑張る皆様を、僕はできる範囲で全力でサポートさせて頂きます!
 
 
 
②頭痛
 
頭痛に悩んでいる方も大勢いるみたいですが、どこに治療に行けばいいのかわからないで困っているようです。
 
そんな方は、選択肢の一つに当院を選んでみませんか?
 
 
先日いらしたのは、長年片頭痛に悩まされている女性の患者さん。
 
普段は、薬を服用してしのいでいるとのことですが、ひどい時は薬も効かないそう…。
 
МRI、CT検査では異常なし。
 
鍼灸や整体は初めてのせいか、当院での治療も半信半疑っぽい。
 
鍼灸治療と整体を行い、最後に頭痛のケアの仕方などを教えて終了としました。
 
「どうですか?少しは楽になりましたか?」と聞くと
 
「最初はダメもとのつもり…イヤ随分楽になり、ビックリしました又来ます」と喜んで、お帰りになりましたよ
 
 
 
③膝のロッキング
 
60代の男性 左膝の痛みを訴えて来院。
 
歩くのもやっとで、とてもつらそう。
 
「他で電気を当てたけどだめだった」とのこと。
 
同様の症状を救急で働いていたときに診ていたので、ロッキングと判断し、整復。
 
「普通に歩いて帰れる」とビックリしてお帰りになりました。
 
しかし、その後もロッキングを繰り返し、その度に整復をして治しましたが、手術適応と判断し、患者さんと相談の上、病院へ紹介しました。
 
オペ後、「良くなりました。」と御礼に来て下さいました。
 
 
 
④眼けん痙攣 (目の周りのピクピク)
 
長年、目の周りがピクピクしてしまうことに悩んでいた、女性。
 
仕事の関係で忙しく、近くの診療所を受診した程度で専門病院への受診歴は、なし。
 
鍼灸治療をしてみると、施術後はしばらく症状が改善する為、大変喜ばれ定期的に治療をしていましたが、原因
 
が脳にあることも除外できなかった為、本人は病院に行きたくなかったようでしたが治療を中止し、受診を勧めました。
 
 
その後、この患者さんは来なくなってしまったけど、患者さんの求めに応じて、あのまま治療を続けていればよかったのか迷う症例でした。
 
 
 
⑤肘の痛み
 
一人は野球をやっている高校生。
 
中学生の頃から来てくれている野球少年。
 
肘の関節を調整すると、コキッと動き、直後に痛みがほぼなくなりました。
 
あと二人は、八街と酒々井に住む20代女性。
 
同じように調整すると、同様にほぼ痛みがなくなりました。
 
 
 
このように簡単にいくことばかりではないけど…、事実です。
 
 
 
 
⑥肩が上がらない (肩の痛み)
 
70代男性
 
以前から、度々来て頂いていた患者さん。
 
しばらくぶりに、「肩が痛くて上がらない」といらっしゃいました。
 
診てみると、肩鎖関節に変形が見られた為、「ここの問題かな~?」と思い治療していたが、あまり改善しない。
 
他の関節の可能性も考えられたので調整してみると、動く感じがあった。
 
次回来た時に聞いてみると、「だいぶ良くなった」とのことで、その後何回か治療して終了としました。
 
 
 
 
⑦足首の痛み
 
大学生 女子
 
バスケ部。
 
以前足首を痛めたことがあり、時々痛くなるそう。
 
足の関節を調整すると、きれいに動き、痛みが無くなりました。
 
 
こんな時は嬉しい半面、「いつもこんな簡単に良くなってくれれば、苦労は無いな~」と思ってしまいます。
 
 
その後、バスケ部のお友達をたくさん紹介してくれました。
 
今は卒業して、警察官になっているはずです。
 
 
 
⑧ひどい腰痛
 
ある日、「ぎっくり腰みたい」と、あせった様子の母親に連れられた息子さんが来ました。
 
歩くのもやっとで、額にはアブラ汗をかいています。
 
「こりゃ大変そうだな~」と思い、治療に入りました。
 
ベッドの上でも、アブラ汗をかき続けています。
 
辛そうです。
 
呼吸も荒くなっています。
 
 
一通り治療が済み、ベッドから起きてもらいます。
 
ベッドから降りる動作を注意深く見ていると、スッと普通にスムーズに降りるのです。
 
僕はアレッと思いました。
 
あれほど痛がっている患者さんは、こんなスムーズに起きられないし、降りられません。
 
僕はお母様に
 
「これは、普通の腰痛ではないと思います。近くの病院に行って下さい。」
 
と伝えました。
 
 
その日の夕方、お母様がいらして
 
「尿管結石でした。ありがとうございました。」
 
との御礼と報告がありました。
 
 
 
 
  記憶に残っているものは、難しい症例か、その場で症状が劇的に良くなったものが多いです。
 
 
 
 
症例とは別に、何回も来てくれる方は記憶に残るし、仲良くなれます。
 
症例として覚えられてるよりも、人として覚えられたほうが、僕だったら嬉しいかな~。